本文へ移動

福岡県職員募集 令和4年度

menu
川﨑貴成
数字でつくる
教育現場

教育行政 
福岡農業高校
川﨑 貴成

PROFILE

大学進学に伴い住み始めた福岡の『暮らしやすさ』と、高校時代に触れ合った事務室の職員との思い出などから、福岡県庁の教育行政を志す。平成28年に入庁し、福岡県立田川高等学校を経て現職。

仕事内容を教えてください

高校事務室で人事、給与、旅費、福利厚生を担当しています。給与の計算、各手当の認定業務、臨時職員の任用関係・旅費支給業務などが主な業務です。農業高校のためさまざまな農作物の販売もしており、前年度は農場の会計業務をしていました。教育環境の整備は現場の要望と予算の制約もあり、調整は難しいですが、先生方とともに生徒が安心して学ぶことができる環境づくりに貢献できるよう頑張っています。QUESTION-01

川﨑貴成
 インタビュー画像01

仕事で印象に残っていることは
ありますか?

福岡農業高校では定期的に農産物の販売会を開いているのですが、地域の方々が楽しみにされている姿が印象的です。仕事は売上金確認などの事務作業なので直接地域の方と触れ合う機会は多くありませんが、イベントを支える立場としては参加してくださる方たちに喜んでいただけて嬉しく思います。QUESTION-02

職場の働きやすさについて
教えてください

業務状況に合わせて比較的自由に休暇を取れるのが魅力的です。また、育児の制度も充実していて、出産補助休暇や父親育児休暇をいつ取得するか、職場の方から率先して計画表を作成するよう働きかけてくれます。実際に自分の子どもが生まれたとき、生まれる前までは漠然としていた休暇取得への気持ちが具体的になったので非常に良かったです。QUESTION-03

今後、取り組んでみたい仕事は
ありますか?

小学校など義務教育の現場に興味があります。勤務経験のある先輩の話では、専門性が高い高校の業務と比べて、より幅広く色々な形で教育現場を支えるとのこと。これまでとは異なる現場の関わり方に興味がありますね。高校で培った会計処理や日程管理以外のスキルが身につけられると思います。QUESTION-04

好県職
川﨑貴成
 インタビュー画像02

受験を考えている方へ
メッセージをお願いします

蛇口をひねると水が出たり、窓のガラスが割れていなかったり。そんな当たり前の教育現場をつくる学校事務の仕事。裏方だけあってそう多くはありませんが、生徒や保護者、地域の方々に感謝の声をいただくとやりがいにつながります。職員同士の雰囲気も良く、福利厚生も充実しています。県職員になった自分をイメージして、受験を頑張ってください。QUESTION-05

私の「福岡県庁のここが好き」_PC版 私の「福岡県庁のここが好き」_SP版

支えあいの雰囲気が好きです。
どの職場でも先輩の職員方が当然のように仕事のフォローをしてくださり、
県全体がそういう組織なのだなあと感じました。

その他のインタビュー
TOP