本文へ移動

福岡県職員募集 令和4年度

menu
小野 欣幸
いつか
来る日のために

電気 総務部 
防災危機管理局 防災企画課
小野 欣幸

PROFILE

教育大学で学んだ「学校設備の改善で校風が良くなった」事例をきっかけに、学校に関わりのある公務員や民間企業を視野に就職活動。学校施設の設備の工事に携われることもあり、福利厚生が充実していた福岡県庁を志す。平成30年に入庁。南畑・五ケ山ダム管理出張所などを経て現職。

仕事内容を教えてください

災害時に使う防災情報システム・映像システムの操作や、設備の保守点検・修繕工事の発注など、防災にまつわる情報通信ネットワークなどの運用・保守が主な業務です。県内の各市町村に設置してある震度計や、そのデータをまとめるサーバーの更新工事などの予定も。災害時、渦中にある市町村からのシステムの問い合わせに的確に応えられたときは、災害対応に貢献できたことを実感しました。QUESTION-01

小野 欣幸 インタビュー画像01

仕事で印象に残っていることは
ありますか?

出先機関と本庁での業務の両方を経験して、電気職の業務の幅広さが印象に残っています。出先機関のダムでは現場での機器操作が多くありましたが、本庁では市町村への技術指導や情報の取りまとめがメイン。また別の施設に行けば、そこには違う仕事があります。同じ職種でも幅広くスキルが身につくので面白いです。QUESTION-02

職場の働きやすさについて
教えてください

休暇日数の多さは感じますね。私の場合は特に用事がなくても休暇取得の目標達成のため、積極的に休暇を取っています。上司からも「しっかり休んで、公私の切り替えを」と声をかけられます。逆に忙しい時ですが、時間外手当はもちろん支給されますし、不安なく働ける環境があると思います。QUESTION-03

今後、取り組んでみたい仕事は
ありますか?

浄化センターです。先輩に「下水処理の仕組みが面白い」と聞いたので下水道管理の仕事をしてみたいです。また、学校の改修工事ができる営繕設備課や私のイメージで一番電気職らしく、知識が深められそうな発電所も興味があります。さらに、タクシーのメーターなどを検査する計量検定所など、県ならではの全く知らない施設でも働いてみたいです。QUESTION-04

好県職
小野 欣幸 インタビュー画像02

受験を考えている方へ
メッセージをお願いします

電気職は本庁だけでなく浄化センターやダムなどの現場の出先機関に配属されることも多く、各職場で多くの設備や運用方法を知ることができます。電気の知識を生かし福岡県を支えていきたいという方はぜひ一緒に働きましょう。QUESTION-05

私の「福岡県庁のここが好き」_PC版 私の「福岡県庁のここが好き」_SP版

とにかく福利厚生がしっかりしているところ。
また、制度が充実しているだけでなく、
使いやすい雰囲気もあります。

その他のインタビュー
TOP